Pioneer in Mobility

[設置認可申請中]

モビリティシステム専門職大学

2022年4月開学予定

100年先のモビリティがここから生まれる

今、移動=モビリティは、その形を大きく変えようとしている。
これまで不自由であった様々な条件、様々な環境、様々な時間で、移動がもっと自由になる。
次世代のモビリティがもたらす新しい世界は、誰にも我慢をさせない。地球にも負担をかけない。

そう、すべてが変わっていく。これまでにないスピードで新しい概念・新しい価値観が生まれている。

「モビリティシステム専門職大学」は、新しい学校制度「専門職大学」のもと、
次代を担う即戦力となる人材『Pioneer in Mobility(モビリティ開拓者)』を養成し、
日本のみならず世界のモビリティ産業に輩出していく”新しい学びの選択肢”だ。

※予定であり、変更する可能性がございます。


「モビリティシステム専門職大学」について

モビリティ専門職大学は、次世代モビリティシステムの教育・研究に特化した専門職大学です。 電気自動車に代表される電動車両システムの専門4分野「自動運転」「駆動」「車体」「電池」や関連する知識・スキルを体系的に学ぶことができ、卒業時には4年生大学と同じ「学士」の学位を取得できます。創造性を育む豊かな自然に囲まれた山形県飯豊町に、2022年4月の開学を予定しています。

※予定であり、変更する可能性がございます。


モビリティシステムを学ぶ意義

Energy

再生可能エネルギーへの転換が図られるなか、電動車両システムの重要性は益々高くなっています。
電動車両システムを構成する「電池」「駆動」「車体」「自動運転」を総合的に学ぶことは、100年に1度の大変革期に直面したモビリティ業界、そして世界的エネルギー問題改善への貢献に繋がります。

地球環境を守るため、私たちの未来を守るため、クリーンエネルギーへの転換が求められています。 グローバル規模から地域規模まで、社会のニーズをキャッチし、高い倫理観と環境意識を持って持続可能な開発を推進することが次の時代に対する私達の責任であり、忘れてはいけない使命です。

Environment
Autonomous

自動運転に代表される様々な制御技術で、誰もが安心安全な移動を行える時代が近づいています。 自動車でイメージされる機械工学の分野だけではなく、プログラミング、データ分析、AIの活用など、ハード・ソフト両面の知見を持ったエンジニアがモビリティ業界では求められています。

車と車が繋がり、車と社会が繋がり、渋滞のない自由な移動が実現しようとしています。 車単体ではなく、一つの大きな社会システムとして、これまでにない様々な仕組みやサービスが生まれようとしており、モビリティシステムの知識を持ち新しい時代をけん引する人材に期待が集まっています。

Connected

学長候補者メッセージ

学長候補者

慶応義塾大学名誉教授

清水 浩

 Eliicaという電気自動車を見たことがありますか。これを2004年に開発しました。再来年受験する皆さんが生まれるころのことです。 私はこの車を含めて15台の電気自動車の開発に関わりました。私が開発を始めたのはもう40年も前になります。それは自動車による石油枯渇と大気汚汚染の問題を解決したかったからです。2000年からは自動運転の研究も始めました。自動車による事故と渋滞をなくしたかったからです。 私は小さいころから車が好きでした。私は未来の車の開発の仕事に巡り会えたのはとても幸運だったと思います。それは仕事をする上での幸せは自分が好きなこと、社会に役立つこと、そして自分が実際に職業としていることが一致することだと思うからです。

 電気自動車や自動運転のような新しい乗り物の時代が間もなく来ます。もし、あなたが、温暖化の問題を自分の手で解決したいと願い、将来は夢のある仕事に就きたいと望み、そして、乗り物が好きだったら、是非、モビリティシステム専門職大学で学んでください。そして、自分が好きなことで社会に役立つことを自分の職業とできる道を選んでください。皆さんに満足してもらい、この大学に入学して良かったと思える準備を整えてあります。


理事長あいさつ

学校法人赤門学院理事長

國分 活妙

 モビリティ専門職大学のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本法人は、「日々変化する世の中に、自動車の幅広い専門知識と技術を通し人間力を養い、将来性と可能性を拓き、生活の基盤をつくり社会に貢献する人物を育成する」を教育理念に掲げ、約60年間に亘る自動車整備士育成により1万3千人以上の有為な人材を輩出してきました。

 今、世界は電動化と自動運転化に向かい、自動車を中心にした100年に一度の大変革が起こっています。そして、この次世代モビリティシステムと言える時代を支えるための新しい人材養成の必要性が強く叫ばれています。

 本法人は、この社会の要請にいち早く応えるべく、令和4年4月開学を目指し、現在、文部科学省の認可を申請中です。

 今後、文部科学省と相談しながら、徐々に詳細な情報を公開していきますので、是非、ご注目くださるようお願いいたします。